JCA-AACR Special Joint Conference

7/10-12に京都でThe 6th JCA-AACR Special Joint Conferenceが開催されました。 日本癌学会と米国癌学会が共催する国際学会で、今回は肺癌がテーマでした。 当科からは肺癌グループ大学院生の 西井がEGFRトランスジェニックマウスの新規モデルについて、 槇本がALK陽性肺癌患者の樹立細胞株および剖検検体を用いた耐性機序の解明について発表しました。 発表以外にも […]

加藤有加先生、二宮貴一朗先生の論文が「Cancer Science」に掲載されました

加藤有加先生、二宮貴一朗先生(呼吸器内科)の下記論文が学術雑誌「Cancer Science」に掲載されました。 誠におめでとうございます。 「Combined effect of cabozantinib and gefitinib in crizotinib‐resistant lung tumors harboring ROS1 fusions」 Cancer Sci. 2018 Jul 2 […]

第118回日本内科学会中国地方会が開催されました

5/19に第118回日本内科学会中国地方会が開催されました。 当科からは下記演題の発表がありました。 飯尾享平君(医学科6年)「多発結節影を呈した特発性器質化肺炎の1例」 藤井裕美子先生(研修医2年目)「オシメルチニブの再投与が著効した肺腺癌の1例」 藤原悠紀先生「菌状息肉症に対する同種造血幹細胞移植後にシドフォビルを投与したBKウイルスによる難治性出血性膀胱炎」 特に学生の飯尾享平君はベテラン医 […]

1 23